ムカーーーッとした出来事からの気づき



こないだこんなことがあってね



また気づきがあったよ!



グループでキャンプに行った時のこと




ある場面で


一緒にきてた子に
(初めて一緒に旅行した


「片付け全然手伝わないで遊んでばっかで〜!」


って言われて



(その子が見てなかっただけでちゃんと片付けてたのにとかいろいろ思ったんだけど)



ものすごく感情が動いたのね


ムカーーーッ!!!


みたいな。







その瞬間はいろいろ思ったよ

やっぱりグループ行動はいやだ苦手だ

もっと気心知れた人とくるべきだとか

なんやかんや。




まあ一通りムスッとした後に
(ダニエルにもちょっと当たりつつ)




ふと思ったんだよね。


あれ?なんでわたしこんな
腹立ってるんだ?って。






そんで気付いたよ。





あー、わたし

良い人に見られたいっていう意識が

まだ根強く残ってたんだなって。





サボる人間だと思われたくない

テキトーな人間だと思われたくない

ちゃんとしてないって思われたくない





そこを自分が自分に許せてないから


人から言われた時に


過敏に受け取るんだよね。


ムキー!!

私そんなんじゃない!!って。






でもそれに気付いた時、


別に、


みんなが片付けてる時に遊んじゃってる

空気読めない人間だって

思われたっていいじゃないか。




協調性がない人間だって思われたって

いいじゃない。




だって本当にそうゆう側面があるんだもの。




自分が自分のそうゆう側面を受け入れていたら

きっとその時あの子の言葉は

えへへごめーん!

って、怒りに繋がらなかっただろう。







うれしいことは

こうゆう出来事で自分の感情が

怒りや悔しさや悲しみとかに傾いた時

なぜそうなったか?って

ベクトルを自分に向けて

感情の動きの要因に気づけるようになったこと。

相手のせいにしなくなったこと。



昔はそれ、相手のせいにして

勝手に嫌いになって

人間関係、めんどくさいって思ってた。





自分の世界に現れて


その対象物を通して


私の感情が動く時


それは


何かのサイン。



もう本当に、謎解きみたい、人生って😂


自分を知る旅。


自分が自分にしている制限に気付くカギ。






ちょっと前までは

ムカついた時に

ムカつかせてあげることもできなかった。

自分の理想の自分は"短気"じゃなかったからね。



でもいまはその時期もおわって

感情そのまま自然に

感じて受け入れられてる感覚が心地よい。






そんでもって

ここまで自己対話ができると

怒りはスッて終わって

相手に感謝が湧く。



ハッキリ相手に伝えることって

勇気がいることで

ベースに信頼があるから言えること。



わたしだったら嫌われたくないとか

傷つけたくないとか思って

言えなかったと思う。



でもさ、自分の言葉で相手が傷つくかもって

思うこと自体、傲慢な考えだし

相手をみくびってて失礼だよね。


そんな言葉で嫌われるとか

どんだけ信じてないねん。ってね。




こうゆう出来事があるから

わたしは更に自分を知り

自分にかけている制限に気付くことができる。





わたしの世界に存在してくれている

全てがありがたい。






Life is Feel 
Minami

Life is Feel

あなたがあなたらしく、ゆるく楽しく輝いて生きる

0コメント

  • 1000 / 1000