機嫌悪くなった時に一瞬で機嫌がよくなる方法

機嫌わるいときって

機嫌わるいの?

ってきかれることにも腹立つし



機嫌悪いことを認めることも

なんかしゃくに触るもんで。





べつに機嫌わるいわけじゃないし

ちょっと疲れてるだけ



みたいに

なぜか機嫌悪いことを認められない。





こんなとき、

いい気分になる

超カンタンな方法みつけた!




いい気分ってのは

嬉しいとか幸せとかわくわくとか

を指すのではなく

自分の気持ちを楽にしてあげること

ホッとさせてあげること。




だからこうゆう気分が悪くなってるときは

その気分に抵抗するんじゃなくて

わたしはいま気分が悪い!って

認めちゃうと

途端に楽になって

一気に機嫌がよくなるっていう

パラドックスを体験した。





今日の実例


私、外出してて

彼はお家にいて

自分がお腹空いてるタイミングで

今日夕飯一緒に食べよってメッセージしたら

いまからジムいくから2時間後かな

ってメッセージきて、

正直、(えー。。わたしいまおなかすいてるのに)

って思ったのに

それを言わずに

オーケーってメッセージした。

(これ機嫌悪くなるポイント1)




んー、でもおなかすいたな。

2時間も待てないな。

しかもお肉たべたいな。


ちょこっとお肉食べれるところないかな。


なんとか見つけたけど

オーダー提供までに20分かかるって。

(んーできるだけ早めの時間に食べないと夕飯のときお腹すかないな)

と思いつつ

ビールとシュラスコをオーダー



美味しい。

けど、食べながら

あ、これお腹いっぱいなるやつや。。





自分で夕飯一緒に食べよって誘っといて

先に食べてお腹いっぱいになって

すこしばかり罪悪感をかんじて

申し訳なさを素直に表現できなくて

八つ当たり。(完全に彼悪くないw





そんでしばらくむすっとしてたんだけど、

だんだんおさまってきて

彼は悪くないよな、

わたしは今、ただ単に機嫌が悪いだけなんだよな


(機嫌が悪くなった理由はだいたいわかってるけど

これを説明するのは複雑だしめんどくさい)



よし、

いまわたしは不機嫌だ

でもそれはあなたのせいじゃない

だから気にしないで

って伝えようと

英語で不機嫌ってなんていうんだろうって

ググった。そんで伝えた。



私「I’m grumpy.」

(言った時点で既に気分が良くなったのを感じてた)

ダ「I know.」

私「But it’s not because of you. I’m just in a bad mood. So you don’t need to care about me」

ダ「I always care about you. But I understand 」

(この時点では完全に上機嫌。




* 


ほんと、素直な気分にはそのまんま

受け入れるのが自分に優しい。

で、自分に優しくすると

周りも優しくなる。



機嫌わるくても

その機嫌の悪さを認めちゃうと

機嫌わるくても

本来の自分とつながってるパワフルな状態であれる






今回の発見は2つ。

感情を素直に受け入れること。


もうひとつは

不機嫌ポイントを見つけたときに

それを見て見ぬ振りしないで

拾ってあげること。

(2時間も待てないっのタイミング)



そこで無意識に相手に合わせようとすると

自分の気持ちを無視された

苛立ちがのちに浮上する。



違和感はその都度、拾って

正直に相手に伝える。


(受け取り方は相手次第



素直にふつうに、

えー、2時間も待てないな

って言えばいいのだ。



そしたら、

お互いに譲歩したアイディアが出るだろう。



そこで変に我慢すると

のちに何かしらの形で

そのとき我慢した気持ちが出てくるものなのだ。



こうゆうことが

対人関係では

絡みに絡まって

何が原因で拗れたか

わからなくなって

相手が嫌いになってしまったりする。



そうなる前に

自分でハンドルを取る

本来、物事はシンプルで簡単なのだ。







Life is Feel
Minami





Life is Feel

あなたがあなたらしく、ゆるく楽しく輝いて生きる

0コメント

  • 1000 / 1000