大事なのは行動じゃない


うまくいってない現実を変えるために

するべきことは

うまくいってない現実をなんとかするための

行動ではない。




不満がある現状を変えたいという

不足に目を向けた状態のエネルギーで

行動をしてもね、

その発したエネルギーに合った現実が

創られるだけなのです。





現実を変えようと


どんなに努力や苦労を行動レベルでしても


全く意味ない。





だってその行動、

不足感がベースなんだもの。



宇宙に

NO


はない。




宇宙には

YES


しかない。





赤いリンゴを想像しないでください。


って言っても浮かんじゃうのとおんなじ原理。





で、



あなたが必死で行動しても


それが現実を変えたいがための行動ならば


結果それは功をなさない。




大事なのは



その望まない現実を見て

自分は何を望むのか?


を自分に問うこと。





いやな現実は

あなたに

あなたの望みを知ってもらうためにある。





この世は相対性だから

嫌いが現れたと同時に

好きも同時発生している。必ず。




だから、

いやな現実を見たら

その裏にある自分の好きを見る。




そして

いやな現実にフォーカスしちゃってる

その矛先を

自分の望む方に目を向けてあげて

こうだったらいいな

わたしだったらこうがいいな

てな具合に

自分の望みにフォーカスする



その時点であなたの波動はだいぶ


不足→ニュートラル→ウキッ



こんなふうに心地よい方に転換しているはず。





で、自分の望みが出たら

その望みについて考えてニマニマする。


(↑ここ重要)

宇宙はあなたの波動にあった現実を

あなたの現実に反映させる。

ので、気分が良い状態で

望むことを考えることが大切なのだ。





そのあとは

自分が気分が良い状態でいられることをする。

それは

行動レベルでも頭の中でも。




気分がいい状態でいると

全然何も考えてなかったのに

急にハッと

アイディアやインスピレーションが

降りてきたりする。



それを行動するのが人間の私たちの仕事。







そんでもって、

じゃあその望みをどうやって叶えるのかっていう

ルートを考えるのは人間の仕事じゃありません。

(それを考えて気分がいいなら◎)





ナビで例えたら


目的地を設定して

ナビの指示通り運転するのが人間の仕事。



ルートを考えて

目的地にどうやって行くか指示を出すのは

宇宙の仕事。





だから、

あなたは宇宙の仕事

とらないでください。




適材適所というものがあるのです。






あなたがするべき仕事は



自分の望みはなにかを考え



自分の望みの現実化を受け入れられる状態で在ること



そして日中、自分の気分がいい状態でいること。



それで、アイディアやインスピレーションが



降りてきたら、それをやりたいと思ったら



行動に移すこと。








人生は現実に反応して生きるものじゃない。


人生は自分で創るもの。


自分で創ってるっていう体感こそが


魂で生きるってこと。






Life is Feel
Minami



0コメント

  • 1000 / 1000