過去の最低だと思ってた男たちはいまの私そのまんまだった

たとえば、
昔付き合ってた飲食店と不動産の経営者の彼。
付き合ってるときから大嫌いでありえないと思っていた彼の、とりあえずやってみよう精神。
やりながら軌道修正してけばいいじゃん、という。


当時私は、そんなのプロ失格。
お客さんに失礼。
そんなんでお金頂いていいと思ってんの?
テキトーすぎ。


ナンセンスだと思っていた。
そんなテキトーなのありえない。
もっとちゃんと戦略練って、ちゃんとやらないと。





そんなわたしは今、
絶賛、とりあえずやってみよう精神なのである。
やってみなきゃわからないしね。






要するに、認めたくないんだけれど、
過去のサイテーだと思ってた
元カレの嫌いな部分というのは
その当時、自分が自分に許可してないことを、
無意識に自分を制してることを、
やすやすとやっていることに腹が立っていたんだ。





パートナーは自分を映し出す鏡。
その怒りは、パートナーに対してではない。
自分で自分をがんじがらめにしている不自由さに、だ。


パートナーは教えてくれる。
何を自分に許可したら
もっと自由になれるのかを。



相手に怒りを感じるとき、
見直すべきところは、相手ではない。
自分自身だよ。




無意識に自分に制限していることは何なのかを
気付かせてくれる。




悪者に見えるその人はあなたに本当の自由を教えてくれるんだ。



Life is Feel
Minami

Life is Feel

あなたがあなたらしく、ゆるく楽しく輝いて生きる

0コメント

  • 1000 / 1000