弱音をはける自分でいよう




理想の自分というものは

少なからず誰しもが持っている



だけど


理想の自分で在りたい

その気持ちが

自分を苦しめる





わたしは人に弱音を吐くのが苦手で


いつも自分で自己完結してきた。





一番仲の良い友人にさえ

事後報告で




でもそれでいいと思ってたんだ


それがわたしという人間なんだと思ってた




だけどね


最近あまりにも


わたしの現実に


弱音を吐く機会が用意されて




本音を言わないと


潰れてしまいそうなその状況は


苦手だった弱音を吐くということを自然にすることができた





わたしは


人と比べて落ち込む自分を


受け入れられてなかった




人から評価されたい認めて欲しい


とそんな低級なことってジャッジして


そんな風に思う自分を


認めたくなかった自分に気が付いた






自分と向き合うことを発信しているわたしが


自分1人で解決できないなんて


発信者としてどうなの


って思ってた自分にも気が付いた





居心地が悪いわけだよね

こんなに見張られて暮らしていたんじゃ息が詰まるわ









素直な気持ちを言ってみて気が付いたんだけど


素直な気持ちを言うってこと自体が


”そんな風に思う自分”を受け入れてるってことだった





だからね、


どんな性悪だと思えることでも

言うとめちゃくちゃスッキリするんだ



そこには”そんなこと思ってしまう自分”へのジャッジがない



これって同時に


ありのままの自分を受け入れることでもある




だって素直な感情はありのままのわたしから湧き出るものだから







でも相談相手は選ぼう!笑


その時に聞いて欲しい相手が浮かぶはずだから





自分の感覚を信じて進めば


本当に心の底から


自分を取り巻く世界のあたたかさに気づいて


感謝が湧きでるんだ










あ、最近は美人トータルコンサルとオンラインサロンの準備に


フォーカスしてたから個人セッションの募集をストップしてたのだけど


つい先日、友人がセッション受けたいって言ってくれて


久しぶりにセッションのみのセッションをしたら


すごくエネルギーが漲るのを感じて


セッションを通して自分のパワーを思い出してもらうことが


わたしの深いところでの喜びなんだって気づいたんだ



お互いのエネルギーが高揚するこのセッション


募集再開します❤︎



お申し込みはこちら





Life is Feel

Minami

Life is Feel

あなたがあなたらしく、ゆるく楽しく輝いて生きる

0コメント

  • 1000 / 1000